日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのポジション C(センター)について

バスケは1チーム5人で試合をします。
その5人それぞれの役割がありポジション名があります。
センターとはそのポジションの一つで、チームの大黒柱的なポジションです。
今回は、バスケのセンターについてまとめてみます。

センターとはどんな役目

センターが強いチームは強い!といわれるほどです。
センターはチームでいちばんゴールに近いところ、主にゴール付近でプレーします。
ゴール下で相手に囲まれながらプレーすることが多く、ゴール下のシュート、リバウンドを取ることが大きな役割になります。
ゴール近くに相手を引き付けて、パスを出すこともあります。
ディフェンスの時には、中心となって声を出して相手の位置を教えることも大切な役目です。

センターに必要なこと

バスケでは、ゴールしたは戦場といわれているほど、激しくなります。
そのゴールを死守する役目なので、身長は高くジャンプ力があり、体格もいい方が有利ですね。
センターはディフェンスの要で、チームの支えになる存在です。
相手のシュートボールを手で防ぐ、ブロックにも期待されています。
得点を取ることも大事ですが、いかにリバウンドを取って点につなげるか、ということも大きな役割です。
絶対にゴールを守るという、肉体的な強さと強い意志が必要なポジションです。

まとめ

センターは日本人が一番苦手とするポジションです。
センターで素晴らしい選手が出てくることは、チームの勝敗にも大きな影響を与えますね。
体が小さくても、大切なのは走れるスタミナ、ディフェンスととにかく鍛えること。
どんなに大きな相手でも抜かせないという強い気持ちがチームを勝利へと導くでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます