日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

招待状の書き方 〜結婚式編〜

結婚式は人生の大きな節目となるイベントです。
そして結婚式は招待状から始まっているといっても過言ではありません。
出席してくださる方は、気持ちと時間と費用をかけて、あなたの結婚という一大イベントのお祝いに来て下さるのです。
両家がそれぞれ招待客をお招きするので、あなたが結婚式当日に初めてお目にかかるという招待客の方もいらっしゃるでしょう。
礼儀正しい振る舞いは、それだけでもあなたの好感度を大きくアップしてくれます。
感謝の気持ちを相手の方にお伝えするためにも、招待状のマナーをきちんと押さえておきましょう。

宛名書きは毛筆で

宛名は封筒の顔です。
結婚式というフォーマルな場面には毛筆体が一番ふさわしいでしょう。
宛名書きを筆耕に頼んだり、パソコンで印刷せず、ご自分で招待状を書かれる場合は、筆ペンを用いると書きやすいでしょう。

句読点は使用しない

結婚式などお祝い場面の文書では句読点は使用しません。
句読点は文章を「切る」「終える」という意味を持つので、おめでたい席には縁起が悪いということで、使用を控えます。

最低でも式の2ヶ月前には郵送する

相手の方に余計な負担をかけないためにも、遅くとも式の2ヶ月前には招待状が相手の方に届くように早めに準備しましょう。

まとめ

以上のように、結婚式の招待状には様々なルールがあります。
きちんとマナーを守り、素晴らしい結婚式にしてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます