日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

招待状の書き方 〜返信編〜

結婚式の招待状が届くと、なんだか幸せな温かい気持ちになりますよね。
そんな招待状を送ってくれたホストへの返信ハガキ、皆さんはマナーを守って返信できていますか?

まず基本をおさえましょう

出欠に○をする前に、必ずついている【御】を消しましょう。自分を敬う必要はありませんね。
一文字の場合は斜めに二重線をして消します。二文字以上の場合は二重線を文字の向きに合わせて消しましょう。
寿という字を書いて消す方法もありますが、最近では消した部分が汚くなるからという理由であまりおすすめしないやり方のようです。
くれぐれも、×をつけて消すことがないようにしましょう。
自分の名前を書くところには御芳名と書かれていますが、その場合は【御芳】の二文字を消してください。

正式な文書となりますので、毛筆か筆ペンを使いましょう。黒のボールペンも可能ですが、あまり美しいものではないので控えた方が良いかと思います。

宛名の【行】も消して、様に変えましょう。宛名の面は忘れがちなので注意してください。

メッセージを書く欄もあるかと思いますので、マイナスに捉えられるような言葉は避け、お祝いの言葉と楽しみにしているということが伝わるような事を書くようにしましょう。返信を待つホストも楽しみにしている部分です。
止むを得ず欠席する場合は、まずはお祝いの言葉を書いた後に欠席の旨を伝えます。残念だという気持ちを伝えることも忘れずに。

招待状を出したホストは、いつ返信が来るかとドキドキしながら待っています。
マナーの面からも、招待状が来たら2.3日中、遅くても一週間以内には返信ハガキを出すように心がけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます