日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニスのルールを教えて!得点について

最近錦織選手の活躍が楽しみなテニス界では、試合においてちょっと特殊な得点の呼び方をしているのをみなさんはご存知でしょうか。

ポイントの呼び方

テニスは4ポイント先取で1ゲーム獲得となりますが、4ポイントを1ポイント、2ポイント・・・とは数えていきません。0から呼び方が始まり次のように数えていきます。
0ポイント→0(ラブ)
1ポイント→15(フィフティーン)
2ポイント→30(サーティ)
3ポイント→40(フォーティ)
4ポイント→ゲーム
なので、テレビなどで画面に表示されていくポイントは、0-30となり、審判は「ラブ、サーティ」といいます。また、同じポイントのときは「オール」といいます。
(例)15-15だと「フィフティーンオール」、30-30だと「サーティオール」
そして3ポイント目がオールのとき(40-40)は「デュース」といいます。デュースになった場合は先に2ポイント多く先取した選手が1ゲーム獲得となります。

ポイントの呼び方の由来

ではなぜこういった特殊な呼び方になったのでしょうか。0(ラブ)の呼び名は一番有力とされている説が、もともとフランス語であった0の呼び名「l’oeuf」がイギリスに伝わったときに「love」と発音されてしまったようです。さらに「love」は「for love」で「無料で」といった意味があり、そこから「love」=「nothing」の意味となり「何もない状態(から始める)」という意味で「love」になったとされています。
そして、15、30、40の呼び名は時計を15分刻みで刻んでいったときの数え方が由来しています。そうすると、40ではなく45になりますがこれは単純に発音しづらかったため40になったといわれています。

まとめ

このように初めてテニスの試合を観戦する方はちょっと得点表示にとまどうかもしれません。しかし見ているとだんだん慣れてくるのでぜひテニス観戦をして楽しんでいただければなと思います。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます