日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

実際どうなの?カラオケ店の防犯カメラ

カラオケで熱唱している時に、ふと防犯カメラで自分の映像が見えているのではないかと心配したことはありませんか?プライバシーの保護と犯罪抑止の板挟みの議論になりやすい防犯カメラですが、カラオケ店ではどうなっているのでしょう。

実際どうなの?カラオケ店の防犯カメラ

そもそもカメラを設置しているのか

店舗にもよるので一概には言えませんが、設置している場所の方が多いようです。ですが、プライバシーを配慮して、通常ではリアルタイムの映像は責任者以外見られないようにされていたり、設置しているように見える所も実はダミーであるケースもあるようです。

監視カメラと防犯カメラ

テンポに設置してあるカメラには「監視カメラ」と「防犯カメラ」があり、これらには大きな違いが監視カメラは、犯罪や迷惑行為を未然に防ぐために警備員などが常駐して見張っているカメラのこと。そして、防犯カメラは、映像を録画しておいて、問題が起こった際に記録を確認できるようにするものです。常に店員さんが映像をチェックしているわけではないので、カラオケ店にあるものは防犯カメラになります。

防犯カメラが取り付けられる理由

カラオケは子供から大人まで誰でも入ることができる上に、非常に密室度の高い娯楽施設です。そのため、売春をはじめとした犯罪行為に使われる事が多いため、それらの犯罪行為を裏付ける証拠としてお店側が提出できるように防犯カメラが取り付けられています。ですから、いくら録画しているからといって、むやみに映像を見たりすることはないようです。

ドーム型の監視カメラが主流か

最近のカラオケ店の防犯カメラはドーム型の黒い半球の中にカメラが入っているタイプのものが一般的なものです。これを見かけたらカメラが設置してあると思っていいかもしれません。ただし、あからさまに置いてあったりする場合はダミーであったり、別の場所に隠して設置してあるケースもあるようです。

カメラが設置してないお店

防犯カメラを設置していないお店の多くは、室内の様子が見回りの際に分かるようにドアのガラス部分が広かったり、窓ガラスを大きめにしている場合が殆どのようです。また、防犯カメラを設置しているお店よりも頻繁に見回りをしているお店も多いので、カップルでイチャイチャしたい場合などでも、カメラがついていないからといって油断してはいけませんね。

店員に見えている場合も

お店によっては、普通のアルバイトの店員も防犯カメラの映像を確認できるお店もあるようです。そのため、Twitterなどでカラオケ店での性行為が晒されてしまったりといった事案も発生しています。こういった画像は瞬く間にインターネットを駆け巡って世界中に配信されてしまう世の中ですから、そういった事をしたい場合にカラオケ店を使うのは本来の使用法ではありませんし、お店にも迷惑がかかりますからやめましょう。

「変なお客さん」は話題になる

例え性的な行為でなくとも、カラオケで変な行為をしている人はカメラがモニターできるお店だと「あのお客さんはヤバい」と従業員同士で話題になることもあるようです。そのため、あまり派手に悪ふざけをすると店舗に出入り禁止になってしまう場合も無いわけではないようなので、カラオケ店では普通に歌う意外のことはしないようにしましょう。

音声まではモニターできない

防犯カメラの多くは、音声までは録音されているとしてもモニターできない場合がほとんどです。そのため、自分の歌にコンプレックスがあって店員さんに聞かれてしまうのではないか?といった問題は杞憂なので、心配ありません。ただし、もちろんなにか問題が起きたときに映像を検証しようとした時は、音声付きの映像を流すことができます。

基本的には気にしなくてもいい

ここまで少し脅かすような内容になってしまいましたが、カラオケ店は非常に忙しい場合が多く、よほど暇でなきかぎり防犯カメラの映像をチェックしている暇はありません。そのため、盛り上がりすぎて物損が起きてしまった場合などを除いては普通カメラの映像を再検証することはしません。普通に楽しんで使っている分には、全くカメラのことは気にしなくてもいいでしょう。

健全に使用しましょう

防犯カメラを意識する時というのは概してなにか後ろめたい事をしようとしたり、してしまった時でしょう。大手チェーン店の多くには設置されていますし、最悪の場合店員さんにモニターされている場合もあるということを頭に入れて、健全なカラオケ店の使用を心がけましょう。

カラオケカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする