日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

エクセルで作るシフト表テンプレート3選と作り方

エクセルで作るシフト表テンプレート3選と作り方

アルバイトの勤務管理や出勤管理など、会社にとって不可欠なものがシフト表です。 しかし、シフト表を作るのはパソコンに慣れていない人からしてみたら大変ですよね。 パソコンを上手に使える人でないとなかなか作ることが出来ません。

そんな時は、テンプレートを使いましょう。 そこで今回は、エクセルで作るシフト表テンプレートの作り方を3つご紹介していきます。

ガンチャート方式

エクセルで作るガンチャート方式のシフト表についてご紹介していきます。レストランや居酒屋などのシフトを組む時に便利なのが、このガンチャート形式のシフト表です。 上段と下段に分けられており、それぞれ役割が異なる人のシフト状況を管理してあります。 縦軸に時間、横軸に名前が書かれているので、いつのどの時間帯に誰が来るのかということも一目瞭然です。

色をもっと工夫したりすれば、より良いものが出来るでしょう。一つの表で様々な人のシフトを管理できるのでとても便利なシフト表になっています。管理する側がどのように見て活用するかはその人次第です。

自動で労働時間を計算

こちらのシフト表は、エクセルで自動で労働時間を計算してくれる優秀なガンチャートグラフです。 そのため、人件費の管理がやりやすくなり、無駄な出費を防ぐことが出来ます。 アルバイトをする側と言うよりは、アルバイトを雇う側に向いているシフト表と言えるでしょう。

誰が残業が多いのか、少ないのか一目でわかりますよね。誰に労働の負担がいっているのかも見分けがつきます。どの仕事内容に負担がいっているのか、もう少し人権を増やせないか等といった見当も出来るシフト表になっています。

シンプルで綺麗なシフト表

最後に紹介するのは、最もシンプルな仕組みかつ最も綺麗なシフト表テンプレートです。 出勤・大金の時間を1時間単位から入力することができ、かつ人数も入力されるので、最低限の情報がとても分かりやすく可視化されるテンプレートなのです。これならパソコンが苦手な方でも簡単に使うことができるのではないでしょうか。

以上、いかがだったしょうか。 今回は3種類のシフト表の作り方についてご紹介いたしました。とても難しいシフト表から簡単なシフト表まで様々な作り方があります。自分に合ったシフト表を選ぶことが大切です。

また、最初は、簡単なものを使用し、何が必要かを理解したうえで高度なシフト表作りをした方が良いでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

シフト表カテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする

人気記事ランキング