日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大学生必見!月始めのシフト表の提出の際に気を付けるべきことまとめ

大学生必見!月始めのシフト表の提出の際に気を付けるべきことまとめ

初めてのアルバイトや新しいバイト先で「シフト希望を提出してね」と言われた時、どうやって提出すれば良いのか?と、わからなくて困っている人もいるのではないでしょうか。さらに、シフト作成をする社員さんが変わると、提出方法が変わる時もありますよね。

どうやって提出するのが相手にとってわかりやすいのか、相手に伝わるように書くのは意外と難しいものです。今回はそんなあなたに「シフト表を提出する時に気をつけること」をお教えします。

シフトはどうやって提出する?

シフト希望はバイト先によって決まった用紙に記入するスタイルと、自分で自由な紙に書いて提出するスタイルがあります。 決まった用紙に記入する場合は、自分の名前の欄に記入しましょう。一人一人提出用紙を渡される場合は、読める字で自分の名前や特記事項を書いてください。自由な紙に書いて提出する場合は色々な書き方があります。 一つは、日付を全て書いて、入れない日には×をつけ、入れる所には入れる時間を記入する方法です。

もう一つは、入れる日だけを記入する方法です。また、契約の時点から時間が決まっている場合は、入れない日付だけを記入する人もいます。備考欄を作って、「○月○日~○月○日まではテスト期間なのですが、テスト日程が不確定なので分かり次第連絡します」などと特記事項を書くのもよいですね。

シフトの記入の仕方は?

何時でもOKの時は、Freeの「F」を記入します。(「F」はなんのことかわからない、と言われる場合もありますので各職場の書き方に合わせましょう。)◯を記入する場合もあります。 1日の中で入れる時間が決まっている場合は、「◯時〜◯時」、「◯時〜L」などと書きます。(L=ラストまでという意味です。)

注意点は?

忘れがちなのが名前です。 名前がないと誰のシフト希望なのか分からないので、必ず最初に名前を記入しましょう。 次に、祝日です。 祝日は入れないのに、間違えて入れる事にしてしまったなど後から困ることのないように事前に祝日はカレンダーでチェックしてから記入しましょう。

他には、勘違いで曜日が一日ずれていたということもあるので、提出前には必ず確認をしましょう。日付の横に曜日を記入すると間違いが減ります。

まとめ

今回はシフト表の書き方や提出方法についてご紹介しました。シフト表を提出する際は、名前や日程や時間のずれに注意して提出しましょう。

以上の事に気をつけて、間違いなくシフトを提出しましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます