日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

熱くなれるハンドボール漫画まとめ

熱くなれるハンドボール漫画まとめ

ハンドボールは、サッカーや野球などと比べるとマイナーなスポーツで、実際にプレーしている人でないと細かいルールや戦略が分かりづらいと思います。漫画でルールや戦略が詳しく説明されていると、ハンドボール初心者でも読みやすいですよね。

ここでは、そんなハンドボールについてあまり詳しくない方にも、ハンドボールが大好きな人にも、ぜひ読んでほしい、おすすめのハンドボール漫画をご紹介します。

 

Fly High!~琉球コラソン物語~

この漫画は、「マンガチャンプルー」(ゴマブックス)で連載されたおすすめのハンドボール漫画です。作者は、かぢばあたる、単行本は全2巻発刊されています。主人公の長嶺拓海(ながみねたくみ)は、興南高校に通う高校一年生。

バスケットボール部に所属していますが、低身長にコンプレックスを持っており、それを見かねた拓海の父親や地元のハンドボール「琉球コラソン」の試合の観戦に誘い、それを機に、拓海はハンドボールに興味を持ち始めます。この漫画は、実際に沖縄県に実在するハンドボールチームを題材に、ハンドボールのルールや戦略、魅力が分かりやすく描かれており、ハンドボール初心者の方にも読みやすい内容になっています。

 

明日のない空

明日のない空は「ビックコミックスピリッツ」(小学館)2008年41号から2012年25号にかけて連載された漫画です。作者は、堀内夏子、単行本は全3巻発刊されています。

主人公の才谷俊(さいたにしゅん)は、一家心中で父親と弟妹を失い、残されて精神を病んでしまった母親と2人暮らし。母親を支えるために、昼は働き、夜は定時制高校に通っています。仕事と母親のことで、疲弊する俊の唯一の楽しみが、部活動のハンドボールです。

また、チームメイトで幼馴染の古賀毅(こがつよし)も俊と同じように家庭について悩みを抱えており、それぞれ苦悩する俊と毅が、ハンドボールを通じて悩みながらも成長していく様子を描いた漫画です。

 

送球ボーイズ

webコミックサイト「裏サンデー」(小学館)にて連載中のハンドボール漫画です。原作・フウワイ、漫画・サカズキ丸、2018年5月時点で単行本は8巻まで発刊されています。舞台は、ハンドボールが盛んな富山県氷見市。

インターハイの活躍に感動して火鼠高校のハンドボール部に入部した主人公の佐倉凪(さくらなぎ)は、結果を出せず、マネージャーの使い走りをさせられていました。そんな中、東京から転校してきたもう一人の主人公、公志熊栄都(しぐまえいと)と出会います。

身長の低さを理由に入部を断られますが、類まれなるセンスを見せつけ、ハンドボール部に入部します。凪と栄都の2人の主人公と、他の部員が切磋琢磨しながら成長していくハンドボール漫画です。また、作者が、「ハンドボールを世の中に伝えたい」という気持ちで作っているため、ハンドボールのルールや戦略わかりやすく描かれています。

 

まとめ

今回はハンドボールのおすすめ漫画をご紹介しました。どれも、胸が熱くなるおすすめの漫画です。ぜひ、手にとって読んでみてください!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます