日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

適正がよくわからない!カラオケのマイクの音量

適正がよくわからない!カラオケのマイクの音量

皆さんはカラオケをするとき、マイクの音量をどのくらいに設定して歌いますか?カラオケのミュージックよりも大きくしますか?それとも小さくしますか?

今回はマイクの音量はどのくらいに設定するのがベストなのか調べてみましょう。

音量設定の個人差

カラオケをするときにマイクの音量を大きめに設定したい人もいると思います。「大きい声で歌った!」という達成感を得たい人ならおそらく大きめに設定しているでしょう。また、あまり大きな音量で自分の声を聞きたくないという人もいるでしょう。そういう人は小さめの音量を設定していると思います。逆に自分の声を他の人に聞かせたい人は声を目立たせるためにマイクの音量を上げるでしょう。しかし、あまり大きくしてしまうとミュージックが聞こえなくなるかもしれません。やはり大きすぎるのは考えものです。もちろんストレスを発散するために大声を出したいというのなら話は別ですが。

では、カラオケで歌の練習をしたいときはどのくらいに設定するのがいいのでしょうか?

カラオケの練習をする場合

一般的にみてマイクの音量を大きくしてしまうと、歌うときにあまり声を出さなくてよくなってしまいます。それでは歌の練習にはなりません。地声が小さいままだとうまく歌うことは難しいので、声を出す練習としてマイクの音量を小さめに設定していく必要があります。練習を重ねていくとだんだん声が出るようになってきます。そうすればマイクの音量が小さくても地声がちゃんと聞こえるようになってくるでしょう。そうなればきっと歌も上手くなっているはずです。

まとめ

Live DAMの設定を例に挙げれば、ミュージック22、エコー18、マイク25が推奨音量だそうです。マイク音量はミュージックの音量より2~3大きめの方がうまく聞こえるようです。自分の歌に自信があって他の人に聞かせたい人はこの設定がいいのではないでしょうか?

また、練習するのが目的なら、声を出すためにマイクの音量は小さめに設定してミュージックに負けない声が出るように練習するのがいいでしょう。

もちろん、発散するために歌うのならこの限りではありません。他の方からクレームが出ない程度に音量を大きく設定してもいいと思います。

結論をいえば、「カラオケのマイクの音量は自分の目的によって好きなように設定すればいい」ということになります。

とにかく、せっかくカラオケに来たのだから、楽しく歌えるのが一番です。あなたも自分の目的にあったマイク設定でカラオケを楽しんでくださいね。

カラオケカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする