日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードの上達方法

これからスノーボードを始めてみようと思っている人
スノーボードをはじめたけどなかなか上手く滑れない人
ちょっとしたことで楽しくスノーボードを上達させる方法をご紹介します。

まずは形から入ってみよう!

どんなスポーツにも言えることですが、上達する近道は「楽しむこと!」
ゲレンデでうまく滑っている人を見ると、上手な人ほど本当に楽しそうに滑っています。
楽しむためにまずは「形から」入ってみましょう!
好きなデザインの板や、カッコイイウェアー、Newモデルのゴーグルなど、自分の好きなギアを身に着けましょう!
スノーボード雑誌を見たり、ゲレンデで滑っている人を真似して形から入ることが大切だと思います。
レンタルとは違い自分で選んだギアを付けるとテンションもまったく違ってきます。

そして別の意味の「形から入る」を実践しましょう。
それは上手な人の真似をすること!そっくりその人の形を真似ることで上達のスピードが格段に違ってきます。
リフトから見ると上手い人と初心者の滑りはまったく違います。
それは初めて滑る人でも気づくことだと思います。
初めてスノーボードを始めた人は下半身に意識が集中してしまいがちです。
自分で気づくのはなかなか難しく、ビデオで撮影してもらって映像を見れば「あぁ自分はこんなすべり方だったんだ」と気づくことができます。
けれど、上手な人の真似をすれば、もっと簡単に正しいフォームに近づくことができます。
ゲレンデで上手な人を見つけたら、近づきすぎないように距離をとりながら後ろを滑ってみることをおすすめします。
上手な人が滑った場所を、同じ様に滑れるように、同じようなフォーム、腕の動き、身体の傾け方などそっくりに真似をすることが上達への1番の近道です。
上手な人の真似をしていると、自然に重心の移動のさせ方や、初心者の方が苦手とする上半身の動かし方を自然に身につけることができます。

YouTubeを活用しよう!

スノーボードを上達させるには、イメージトレーニングが必要です。
かっこよく滑りたい人は、キレキレのカービングができているイメージを!
技に挑戦したい人は、動きのイメージを!
しかし、ゲレンデ以外ではなかなか具体的なイメージができません。
そんな時は、YouTubeを活用しましょう!
YouTubeならプロボーダーの動画やHow To動画を、休憩時間でも、移動中でも、寝る前でもいつでも空いた時間に観ることができます。
私は、実際にゲレンデにいるときもその日に練習したいトリックの動画をリフトに乗っている時間に観たりしています。
プロの動画を観て、繰り返し繰り返しイメージしてからゲレンデに行くのと、イメージができていないまま滑りに行くのでは成長の速度が格段に違ってきます!
特に何度もゲレンデに行くことができない人は、一回の滑りの質を向上させることが上達への近道です!

私のお勧めはP-can .FACTORYというチャンネルにアップされているHowTo動画です。
是非ご覧になってみてください!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます