日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

招待状に添えたい結婚式のメッセージ

結婚式の招待状が届くとふわっと幸せな気持ちになりますよね。
返信のハガキを書く上でのマナーは知っていても、意外と最後のメッセージになにを書こうか迷うことはありませんか?
実はあのメッセージ欄にも、マナーが存在するのです。
新郎新婦との関係性で書き方が変わってくるものですので、それぞれの立場にぴったりの文例とともに、メッセージの書き方のマナーも見ていきたいと思います。

親族、親戚へのメッセージ

まずは、親族や親戚の方へのメッセージの文例です。

「ご結婚おめでとうございます ご招待ありがとうございます 喜んで出席させていただきます」など….

結婚式の招待状への変身メッセージには、終止符を打たないというマナーがあります。お祝い事なので、終わりを意味する終止符は相応しくないからです。
ですので句読点や終止符を打たない代わりに、文と文の間には一字分のスペースをあけるようにすると良いでしょう。

先輩、上司へのメッセージ

先輩や上司にあたる方へのメッセージの文例です。

「ご結婚おめでとうございます お招きいただきありがとうございます お二人の門出に立ち会わせていただくことを 大変嬉しく思っております 喜んで出席させていただきます」など…

親族や親戚へのスタンダードなメッセージに、さらにもうひと文プラスすると良いでしょう。

友人へのメッセージ

友人へのメッセージです。同僚などへのメッセージとしても使えます。

「ご結婚おめでとうございます ○○さんの花嫁姿とても楽しみにしています 式まで忙しいかと思いますが体に気をつけてね」など…

友人や同僚ですので、親近感のわくようなひと文を添えると良いでしょう。

ここまで出席する場合のメッセージの文例を見てきましたが、欠席する場合のメッセージの書き方にもマナーはあります。文例とともに見ていきましょう。

欠席する際のメッセージ

おめでたい結婚式のメッセージに、暗い話題は出すべきではありません。
例えば身内に不幸があった場合や病気、怪我の場合でも、実際の理由は書かずに、「やむを得ない事情があり」と書くのがマナーです。

「ご結婚おめでとうございます やむを得ない事情があり 欠席させていただきます」

「ご結婚おめでとうございます あいにく外せない用がございまして欠席させていただきます お二人の門出を心より祝福いたします」
他の結婚式と重なってしまった場合なども、その旨を直接書くのではなく、「あいにく先約がございまして」などと書くと良いでしょう。

出席する際も欠席する際も、返信のメッセージを読む新郎新婦の気持ちを考えて、マナーを守ったメッセージを書けると良いですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます