日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会の会費の払い方は?

結婚式に出席する場合、自分の年齢や新郎新婦との関係性によってご祝儀を決め、結び切りのご祝儀袋に入れて受付で渡すのが基本ですね。
では、結婚式の二次会ではどうでしょう?正しいマナーをご存知ですか?
実は知らない二次会での会費の払い方のマナーをお教えします。

ご祝儀袋はNG

結婚式の二次会の会費は、ご祝儀袋には入れずに受付でそのままお金だけを渡すのがマナーとされています。直接その場でお財布から取り出して構いません。
もし、お財布から直接お金を取り出すのが気になるのでしたら、封をしていない封筒にお金を入れておき、受付で渡すときにそこから取り出すのがスマートでしょう。
結婚式の二次会のお金は、基本的に幹事となるひとが全て行っています。ご祝儀袋などにいれてしまうと、金額を確認するときにかえって手間を増やしてしまうことになりますので、ない方が良いのです。
同様に、お釣りが必要ないように会費ぴったりの金額を用意しておくと、受付をする人の流れをスムーズにすることができます。

新札が必要?

結婚式のご祝儀には、折り目のついていない新札を揃えて用意するのがマナーですが、結婚式の二次会の会費は新郎新婦に直接渡すものではありません。幹事となった人が会場などに直接支払うためのものですので、特に新札にする必要はありません。

皆さんはこれらの事をご存知でしたでしょうか?結婚式の受付に出すご祝儀と同様のマナーでは間違いなのです。
二次会は会費制のことがほとんどですが、まれにご祝儀制の場合がありますのでその際はご祝儀袋をご用意ください。
ちょっとしたことでもマナーを知っているのと知らないので大違いですよね。ぜひご参考になさってください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます