日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会の会費もピン札の方がよい?

結婚式へ持参するご祝儀は、折り目のないピン札をご祝儀袋に入れ、袱紗に入れ持っていくのがマナーです。
では、結婚式の二次会ではそれと同じことが言われているのでしょうか?皆さんは正しいマナーをご存知ですか?

ピン札にする必要はありません

結婚式の二次会に持参する会費は、ピン札である必要はありません。
二次会で支払うお金は、ご祝儀ではなく回避です。ご祝儀とは、受付を通し新郎新婦のお母様などに渡り、最終的には新郎新婦本人に渡ります。ご祝儀袋も2人は見ることになりますし、当然中のお札も見るでしょう。ですので折り目のないピン札である必要がありますし、ご祝儀袋に入れるお札の向きなどにも気を配るのです。
しかし、二次会で支払うのはあくまで会費ですから、幹事や会計係となった人が受け取った後は、そのまま会場となっているお店に支払ってしまいます。新郎新婦の目に触れることはありません。
そういったことから、二次会の会費はピン札でなくて良いのです。

ご祝儀袋は必要か

当然のことながら、二次会で払う会費にはご祝儀袋も必要ありません。前に述べているように、こちらはご祝儀ではありませんので、おさいふから直接お金を支払ってしまって構いません。
万が一おさいふから直接お金を出すのに抵抗がある場合は、白の無地の封筒にお金を入れて行き、その場で出すか、あるいは封筒のまま渡し「会費です」と、一言添えると良いでしょう。
ですが受け取った幹事や会計係はその封筒からお金を出し、金額を確認しなければならないため手間になります。
少々気になっても、おさいふから直接支払うことが一番かと思います。

結婚式でのマナーと二次会でのマナーは必ずしも同じではありません。
きちんとマナーを知り、幹事や会計係のやりやすさに気を配れる人は素敵ですよ。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます