日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大阪の紅葉狩りの名所3選

大阪の紅葉は、市内から近い身近なところにあります。特に人気のスポット3か所をご紹介します。

滝と紅葉が楽しめる箕面(みのお)公園

落差が約33メートルもある「箕面大滝」があることで知られている箕面公園。豪快に流れ落ちる滝の姿が昔から農具として使われている「箕(み)」によく似ているからと滝の名前になったそうです。箕面公園は、縦に長い渓谷公園です。そのため、場所によって紅葉の進み具合が違うため、長く紅葉狩りが楽しめます。
箕面大滝に向かう道々には紅葉が美しく映え、滝に近づくごとに滝の流れ落ちる音が大きく聞こえてきます。滝のまわりの真っ赤に燃える紅葉と大滝の名瀑風景は、まさに絵画のような世界です。

見ごろ時期:11月中旬~12月上旬
アクセス: 【電車】阪急箕面線箕面駅から徒歩約40分 【車】名神高速茨木ICから約30分、名神高速吹田ICから約30分

パワースポットで紅葉を楽しむ 勝尾寺(かつおじ)

勝尾寺は、昔から「勝つ」につながる縁起のいいお寺として人々から敬われてきました。「勝だるま」が有名なお寺です。26万平方メートルという広々とした境内にはパワースポットが点在し、多くの参拝客でいつも賑わっています。
特に紅葉の時期にもなると、山門から本堂に向かう参道を紅葉のトンネルが出迎えてくれるため、人気の紅葉スポットとなっています。この時期は、頭上に広がる赤や黄色の紅葉と秋晴れの空のコントラストを写真に収める人たちでいっぱいになります。
期間限定で行われるライトアップも人気があり、昼間とまた違った幻想的な風景を楽しむことができます。

見ごろ時期:11月中旬~12月初旬
アクセス:【電車】阪急箕面線箕面駅から車約20分、北大阪急行千里中央駅から北摂霊園行き阪急バス約30分「勝尾寺」下車徒歩すぐ【車】名神高速茨木ICから約30分、近畿道・名神高速吹田ICまたは中国道中国吹田ICから中央環状線国道423号経由約30分

黄金に染まる銀杏並木を散策 大阪城公園

大阪城は大阪で最も有名な観光スポットですが、それを取り囲む大阪城公園の紅葉は見逃せません。大阪城公園自体緑が豊かな公園で、秋になると桜やケヤキが色づき、大都会の中心にありながら、自然豊かなオアシスです。そのなかでも、約1キロメートルも続く銀杏並木は一面を黄金色に輝かせ、目を奪われます。落ちた銀杏の葉っぱで遊ぶ子供たちの姿もあちらこちらで見られます。

見ごろ時期:11月上旬~12月中旬
アクセス:【電車】JR大阪環状線大阪城公園駅・森ノ宮駅または地下鉄中央線森ノ宮駅よりすぐ【車】阪神高速東大阪線法円坂出口よりすぐ

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます