日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

なんでも自由じゃなかった?カラオケの知られざる暗黙のルール

友達同士や飲み会の二次会でカラオケを利用することも多いですね。しかし、自由に歌って無礼講!という場合でも、カラオケの暗黙のルールが存在します。ここでは、カラオケの知られざる暗黙のルールをご紹介します。

「即退場」編

Karaoke
photo by Vladimir Pustovit

・歌っている人を馬鹿にする~人としてマナーです。
・連続で何曲も入れる~なんとなく順番があるはずです。
・他の人が歌っている時は携帯をいじっている~自分がされると嫌な気持ちになりますよね。
・他の人が歌った曲をまた歌う~自分の方が上手だという当てつけ?って思われます。
・曲を適当に入れて無理やり他の人に歌わせる~有難迷惑です。

「警告」編

Karaoke
photo by Andrew Yee

・勝手に一緒に歌いだす(しかもマイクで)~どうしても歌いたい時は、マイクなしの小声で我慢しましょう。
・採点機能を勝手に始める~採点されて嫌がる人がいることも忘れないでください。
・無理やり歌いたくない人に歌わせる~カラオケに来てくれただけでも感謝しましょう。
・先輩に注文をさせる~下っ端は働きましょう。
・盛り上がっているのにバラードを歌う~空気を読みましょう。

「注意」編

YELLOW magazine karaoke
photo by Ed Schipul

・手拍子がリズムに合っていない~歌いにくくなります。
・知名度の低い曲を歌う~できるだけみんなが知っている曲を歌った方がいいですね。
・メドレーを入れる~長い曲は嫌がられます。
・サビしか知らない曲を入れる~ひとりカラオケでやりましょう。

まとめ

Karaoke
photo by TheMuuj

自分がやられて嫌なことをしないのが基本ですね。みんなで行くカラオケは、みんなが楽しくなるように心がけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます