日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

換気扇を大掃除する際に使える洗剤ベスト3

年末の大掃除は毎年どこから手をつければいいのか悩みます。中でも油がべっとりとついた換気扇はどう掃除をすればいいのか悩みの種です。換気扇についてしまった油は水では落ちません。毎日使う台所の換気扇を 簡単にきれいにできる洗剤があれば助かります。

環境にもやさしい小麦粉と重曹

小麦粉を使って油汚れを吸着することができます。換気扇に小麦粉をふりかけ30分ほど置くと小麦粉が油分を吸い取ってくれます。固く絞った雑巾などでこすってきれいにします。雑巾はお湯で濡らしたものが効果的です。また重曹も同様の使い方で同じような効果が期待できます。

油にはアルカリ性

換気扇についた油はとても頑固です。油は酸化して酸性になるので油汚れに強いアルカリ性洗剤が効果的です。マジックリンなどが一般的ですが、洗剤のパッケージの裏書などに成分が表記されている液性がアルカリ性のものを選びます。なかなか落ない油汚れは洗剤をつけおきすると効果的ですが有害なので換気をし、直接手で触れないようゴム手袋の着用などが必要です。

セスキ炭酸ソーダ

重曹の10倍もの洗浄力があるセスキ炭酸ソーダは油汚れによく効きます。家庭用洗剤や入浴剤の成分としてよく配合されていてとても使いやすいアルカリ性洗剤です。使い方は市販の洗剤とかわりありません。液状で販売されているものもありますが、粉末でも市販されていて、これを水に溶かして使います。500ミリリットルの水に小さじ1杯分を溶かせば完成です。

まとめ

アルカリ性洗剤は手につくとヌルヌルとしてしまい肌が荒れてしまいます。換気や手袋など注意が必要なので手間もかかりますが重曹やセスキなどをうまく使ってつけおき洗いなどで力を使わずに汚れを落とす工夫をしましょう。油汚れがすっきりきれいにできれば大掃除のスピードも上がります。洗剤の成分を間違えないよう気をつけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます