日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

登山 に必要なもの。 夏ならではの必需品

春や秋に比べて夏は登山のベストシーズンです。
場所によっては春でも雪が残っていたり、秋は降雪や気温が急激に下がるなどして準備するものにも頭を悩ませるときがあります。
しかし、夏であれば春や秋に比べて持っていかなければならないものが限られているので今回は、そんな夏ならではの必需品を紹介します。

飲料水

やはり夏場は他の季節に比べて汗をかきます。
水を摂らないで山を歩くのが難しい季節でもあるので脱水症状を起こすと大変なので飲料水は忘れないように。
飲料水の目安はありますが、多く飲みたい人やあまり水を持っていきたくない人もいるでしょうかが、一時間あたりで250~350ml程度といわれています。あくまで目安なので参考程度にしてください。

タオルと着替え

前述した通り汗をかきます。
山へむかう手段が電車なのか車のかでも異なりますが、電車であれば周りの人が不快に感じてしまうことのないようにしたいものです。
車であれば帰りに温泉に入ったりもすると思うので一人で行く人は勿論、複数で行く場合などは事前に打ち合わせしておくと良いでしょう。

日焼け止め

夏のレジャーといえば日焼け止め。
女性であれば特に日焼けなどは気にされると思うので、山は平地のレジャーに比べ標高が高いとこに行くので日焼けをしたくない人もそうでない人も日焼けによる体力の消耗もあるため持参しておくといいでしょう。

帽子とサングラス

頭部が直射日光にあたることで体力の消耗になるため持参するとよいでしょう。夏場であればつばの大きいものなどにすると日よけになるので小さいものよりは大きいものの方がオススメです。
サングラスは日差しに影響されることなく景色を楽しむためにもあるとよいでしょう。

以上が夏場の登山にオススメのグッズです。
水以外はあると重宝するので、はじめは登山用のものでなく代用できるものを使用していくと出費もかさまずに済むので参考にしてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます