日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

新年会に招待された時の気をつけるべきマナー

皆さん、今年の新年会はいかがでしたか?
新年最初の飲み会です。みんなで楽しめたらいいですよね。
でも、楽しむだけでいいのでしょうか?
先ほども書いた通り、新年最初の飲み会ですから、気づかないうちに失礼な事をして、年初の印象を悪くしたくないものです。
そこで今回は、新年会や他の集まりにも使えるプチマナーをご紹介いたします!

お店の前でコートは脱いでおく

上司や取引先の方との新年会。平社員はお店に入ってゆっくりコートなどを脱ぐ暇などありません。入店前にあまり人目につかない場所へこっそり移動して、コートを脱いでおきましょう。
実は正式なマナーでもそれは同じ。
また、誰かのお宅に招待された場合は、招かれたお宅のインターフォンを鳴らす前にコートや防寒具を脱ぎ、内側の裏地が見えるようにたたんで、利き腕とは反対側の腕にかけてからインターフォンを鳴らすのがマナーです。

席順はあらかじめ調べておく

特に上司や取引先の方がいらっしゃる場合、お店に入ってからの席順などをあらかじめマナーブックやインターネットで調べておけば、取引先の方や上司をスムーズに席にご案内できます。新年会の始まりをスムーズにすることで、これから始まる新年会がよい雰囲気になります。手間を惜しまず、下調べをしましょう。

座敷の場合の靴の整理

気の利いたお店なら気にしなくてもお店の人がやってくれる靴の整理ですが、乱雑になってると見苦しいものです。
そこでちょっとしたアイディア「洗濯ばさみ」を使いましょう!男性の靴は同じような色目のものが多く、酔うと間違うこともしばしば。色違いの洗濯ばさみで男性陣の靴を仕分けます。かなりの確率で履き間違いが減らせます。

まとめ

いかかでしたか?これらのことは新年会だけでなく、どんな集まりにも応用が効きます。
ぜひご活用を!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます